ヤミ金の取り立て対策

闇金に関わらないための簡単な対策です。

闇金に関わらないための簡単な対策です。ヤミ金とは、日本において法令に則らずに営業を行っている貸金業者のことを指します。法令に則らないといっても2種類あり、ひとつは、貸金業法に定める貸金業登録を行わないで貸金業を営んでいる業者や正規の登録を行っているにも関わらず、出資法など金利を定める法律を守らないで法外な金利を設定する業者です。これらを総じてヤミ金といいます。

 

現在では、貸金業法の規制が強化されコンプライアンスを守るための仕組み出来ているため、貸金業法による登録を行って違法な貸付を行うということは殆どなくなっていますが、それでも中小の貸金業者には違法な貸付を行うケースもあり注意が必要です。
ヤミ金の恐怖としては、無理な貸付を行ったり、人権を無視した取り立て行為を行うものなどがありますが、ヤミ金といっても程度があり、単に登録せずに高い金利で貸し付けているだけの業者も存在すれば、利用者の無知を利用して徹底的にお金を吸い上げようとする悪質な業者もいます。いずれにしても法律を守って営業しているわけではないので、金利も高く、10日で1割といった割合で貸付が行われます。ヤミ金被害が減らない理由としては審査がほとんど行われないため、信用力がない人やブラックリスト入りした人が利用する傾向にあります。しかし、いずれにしても法外な金利を支払わなければならず、通常の借入に比べて返済が困難になるケースも多々あります。

 

ヤミ金を利用しない対策としては貸金業の登録番号の確認があります。登録番号は宣伝広告をするさいには必ず明記されていますし、金融庁のホームページを通じて登録業者の情報を知ることができます。闇金に関わらないための簡単な対策です。